この差って何?太りやすい夏スイーツと太りにくいスイーツの差!タピオカは?7月23日放送

この差って何? 太りやすい夏スイーツ テレビ
スポンサーリンク

7月23日放送の「この差って何ですか?」では、「太りやすい夏スイーツ」と「太りやすい夏スイーツ」の差が紹介されます。

暑い夏はかき氷やソフトクリームなど冷たくて甘いものが食べたくなりますよね~。

今回は「この差って何ですか?」で紹介された、太りやすい夏スイーツと太りにくい夏スイーツ、また、太りやすい夏スイーツにチョイ足しすることで太りにくくなるといも「あるもの」についても調査していきます(^^)/

スポンサーリンク

太るのにカロリーの高さは関係ない!

これについては以前も番組で紹介されていたのですが、「カロリーが高い=太る」というわけではないみたいです。

というのも、太りやすい成分=糖質と脂質。

太りにくい成分=食物繊維・たんぱく質。

となるので、カロリーの高さよりも食物繊維やたんぱく質を多く含んだ夏スイーツなら太りにくいということになります。

ちなみに炭水化物は糖質なので、タピオカは太りやすい食材になってしまうのです。

普段カロリーを気にして食べていましたが、カロリーよりも気にしないといけないところがあるのかもしれないです。

スポンサーリンク

この差って何?太りやすい夏スイーツはこれ!

詳しくは番組放送後に追記していくのですが、予告では「タピオカミルクティー」が映ってましたね。

タピオカは今大ブームを巻き起こしていますが、実は超太りやすいって知ってました??

タピオカの原料は「キャッサバ」という芋なのですが、主に炭水化物なんですよね。

そのためカロリーがとても高いのです。

ただ番組では「カロリーが高いから太りやすい」わけではないと専門家の方が話していましたので、詳しくは放送後に追記していきます!

ちなみに来月オープンする東京タピオカランドについてはこちら

東京タピオカランドの期間はいつからいつまで?出店店舗や場所も調査!
大ブームのタピオカのテーマパーク、「東京タピオカランド」が期間限定でオープンすることになりましたね。 都内のタピオカドリンクのお店は、どこに行っても長蛇の列という程人気のタピオカ。 タピオカのテーマパークというくらいなので、タピ...

追記:カロリーが高い夏スイーツランキング

1位:チョコアイス
2位:宇治金時
3位:バニラアイス
4位:タピオカミルクティー
5位:ソフトクリーム
6位:フルーツあんみつ
7位:わらび餅
8位:くずきり
スポンサーリンク

追記:太りやすい夏スイーツランキング

上記のカロリーが高い夏スイーツランキングを、番組で紹介された太りやすい夏スイーツランキングで見ていきたいと思います。

カロリーではなく糖質や脂質の値が基準です。

1位 タピオカミルクティー

1位は今大人気のタピオカミルクティーでした。

上記でも解説した通り、タピオカの原料であるキャッサバはでんぷんなので、炭水化物になります。

炭水化物は糖質で、タピオカミルクティーに使われているブラックタピオカは、カラメルで色付けされてるため、こちらも糖質。

さらにタピオカと一緒に飲むと美味しいミルクティーにも大量の砂糖が使われているため、タピオカミルクティーは糖質の塊ということになります。

あんなに美味しいのに…。

飲みづらくなりますね。

2位 バニラアイス

バニラアイスは生クリームと砂糖からできています。

まさに脂質と糖質のみで作られているんですよね。

3位 チョコアイス

3位はチョコアイス。

バニラアイスより太りにくいのは、チョコに使われるカカオには、食物繊維が含まれているからなんだそうです。

2位と3位ではさほど変わりませんが、バニラよりもチョコですね。

4位 宇治金時

5位 くずきり

くずきりの原料は「くず粉」なのですが、こちたもタピオカ同様でんぷんになります。

6位 わらび餅

わらびの根もでんぷんで、炭水化物(糖質)。

さらに水で溶かした砂糖と合わせているので、わらび餅だけでは糖質の塊です。

しかし、わらび餅と一緒に食べるきなこに多く含まれる食物繊維が、糖質の吸収を和らげてくれるので6位にランクイン。

7位 ソフトクリーム

ソフトクリームもバニラアイス同様、生クリームと砂糖からできています。

しかしバニラアイスに比べ、空気量が多いことから、見た目に比べ質量が少ないのだそうです。

ソフトクリームの方が太りそうなイメージでしたが、バニラアイスを食べるくらいならバニラのソフトクリームですね。

8位 フルーツあんみつ

フルーツあんみつは、食物繊維の宝庫になります。

あんみつに使われる寒天はテングサという海藻からできています。

さらにフルーツにはもちろん、あんこにも食物繊維が含まれているので、こちらも糖質の吸収を和らげてくれるのだそうです。

スポンサーリンク

太りやすい夏スイーツにあるものを足すと…!

太りやすい夏スイーツにある食材を足すことで、太りにくいスイーツに大変身。

タピオカミルクティー⇒豆乳

太りやすいランキング1位のタピオカミルクティーですが、このミルクティーを豆乳に変えることで、豆乳に含まれるビタミンB1が、糖質を分解してくれるのだそう。

「タピオカ+ミルクティー」という最強の組み合わせが美味しいのですが、ミルクティーと豆乳に変えることで、ちょっとだけ安心してタピオカを食すことができますね。

バニラアイス+バルサミコ酢

予告で「黒蜜」だと思ってたこの黒っぽいシロップは、バルサミコ酢でした!

かなり以外な組み合わせなのですが、バルサミコ酢には血糖値の上昇を抑える効果があります。

味については美味しいようですが…どうでしょう?

ご自宅にバルサミコ酢がある方はぜひ試してみてください(^^)/

スポンサーリンク

この差って何?太りやすい夏スイーツと太りにくい夏スイーツの差まとめ

7月23日放送の「この差って何ですか?」で紹介された、太りやすい夏スイーツと太りにくい夏スイーツの差についてまとめてみました。

スイーツが食べたいときは、ぜひこちらを参考にしてください(^^)/

 

テレビ
スポンサーリンク
ハルをフォローする
はるかんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました