東京オリンピック宮城県の聖火ランナーの一般募集はいつから?応募条件や基準も調査!

スポンサーリンク

2020年に開催される東京オリンピックの聖火リレーのルートが発表されましたね。

3月20日に福島県を出発し全国を周り、宮城県に来るのは2020年6月20日~22日の3日間だそうです。

1964年以来56年ぶりに東京で開催されるオリンピック。

著名人や元スポーツ選手、芸能人なども聖火ランナーを務めますが、一般の私たちも聖火ランナーとして参加することができるのです。

ここでは宮城県の聖火ランナーの一般募集の時期や応募条件、基準などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

宮城県の聖火ランナー募集はいつから?

宮城県の聖火ランナーの公募は、聖火リレーのコースが決定し発表されてからの募集に

なるそうです。

聖火リレーのコースの発表は2019年7月となっており、聖火ランナーの募集は、2019年8月~になっているようです。

詳細が発表され次第追記していきます。

スポンサーリンク

宮城県の聖火ランナーの応募条件は?

聖火ランナーの詳細についてはまだ発表されていません。

市政だよりなどにも記載されると思いますので、わかり次第追記していきます!

スポンサーリンク

聖火ランナーを選ぶ基準は?

こちらも情報が発表され次第追記していきます。

スポンサーリンク

宮城県の聖火ランナーは何人くらい選ばれる?

宮城県の村井県知事は、一日に走る聖火ランナーを80人ほどと話しており、6月20日21日23日の三日間で240人程度を予定しているそうです。

ちなみに聖火ランナーの一人当たりの走る時間は2~3分

とても短いですが、多くの人が参加できるようにと、また、2~3分でしたら子供や年配の方でも参加しやすいですよね、

スポンサーリンク

1964年の東京オリンピックの宮城県聖火ランナーは?

56年前に開催された東京オリンピック。

その際は4コースにわかれて全国で聖火リレーが行われました。

その中の第4コースとなった宮城県。

この時聖火ランナーに選ばれたのは、1987人の若者たち。

当時は148.7キロを約2000人でつないだそうです。

当時の写真がこちら。


引用:河北新報ONLINENEWS

白黒なのでちょっと見にくいですが、全部人です。

すごいですねー。

高度成長期だった日本ですが、日本中がオリンピックに湧いていたんですね。

スポンサーリンク

東京オリンピック宮城県の聖火リレーのコースは?

東京オリンピック2020年は『復興五輪』とも言われ、宮城県内は東日本大震災で被災した沿岸部を中心にコースを決定するそうです。

こちらもまだ詳細は発表されていませんが、わかり次第追記していきます。

詳しくはこちら⇓

聖火リレー宮城県の日程やルートは?観覧場所や交通規制も調査!
2020年3月からスタートされる東京オリンピック聖火リレー。 全国を廻る聖火リレー、宮城県の日程やコースを調べてみました。 また聖火リレーの観覧場所や、当日の交通規制についてもまとめていきたいと思います。 東京2020聖火リレ...
スポンサーリンク

東京オリンピック宮城県の聖火ランナー一般募集はいつから?まとめ

まだ先だと思っていた東京オリンピックも、いよいよ約1年後にまで迫ってきましたね。

人生でそうそうない聖火ランナーのチャンス。

参加できたら一生ものの想い出になりますよね。

詳細は随時更新していきますので、また身に来てくれると嬉しいです。

東京オリンピック2020
スポンサーリンク
ハルをフォローする
はるかんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました