青空レストラン/月日貝のお取り寄せ通販購入方法は?値段や販売店も紹介!2月26日放送

青空レストラン 月日貝 お取り寄せ テレビ
スポンサーリンク

青空レストランで紹介された、鹿児島県日置市の”月日貝”のお取り寄せ通販購入方法について紹介していきます!

”月日貝(ツキヒガイ)”聞いたことのない人も多いと思いますが、鹿児島県が特産の”月日貝”は、味も風味もほぼホタテ。

日本では限られた地域でしか取れないため、産地以外のスーパーではほとんど見かけることもありません。

そんな”月日貝”のお取り寄せ通販購入方法について調べてみました!

この記事では、2月26日放送の青空レストランで紹介されていた、鹿児島県日置市の”月日貝(ツキヒガイ)のお取り寄せ通販購入方法や、価格、美味しい食べ方(レシピ)など詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

青空レストラン/月日貝のお取り寄せ通販購入方法は?

まずは早速、月日貝(ツキヒガイ)の通販お取り寄せできる販売店を紹介していきます。

日テレポシュレ

2月26日放送の青空レストランで紹介された、鹿児島県の”月日貝”。

もちろん青空レストランの公式オンラインサイト「日テレポシュレ」から通販お取り寄せすることができます。

青空レストラン”月日貝”お取り寄せはこちら

番組終了後はすぐに売り切れてしまう可能性があるので、ぜひ早めにチェックしてみてください。

青空レストランの公式サイトで売り切れてしまった場合は、別のサイトでもお取り寄せ購入することができます。

楽天市場

月日貝は、楽天市場のにっぽんマルシェでもお取り寄せすることができます。

 

こちらは、1kg税込み2,140円で販売しています。

冷凍で届くので送料が別でかかってしまうのですが、1kgで10枚ほど入っています。

鹿児島で水揚げされた月日貝を、鮮度の良いまま冷凍しているので、素材の味をそのまま味わうことができます。

楽天ポイントを貯めてる人は特におすすめです。

スポンサーリンク

青空レストラン/月日貝の値段は?

先ほど紹介した楽天市場では、1kg(10枚)入って税込み2,140円でした。

一枚200円弱というところですね。

お店によっては1枚250円くらいのところもあるので、だいたい1枚200円前後といったところでしょうか。

スポンサーリンク

青空レストラン/月日貝の販売店はどこ?スーパーでも買える?

月日貝の販売店についても紹介していきます。

先ほども書きましたが、月日貝のとれる地域は、日本国内でもごく限られた地域であり、さらにそれほど多くの数を漁獲することができないそうです。

そのため獲れた月日貝のほとんどが産地で消費されてしまうため、産地以外のスーパーなどではほぼ店頭に並ぶことがありません。

月日貝の産地は、青空レストランでも紹介されていた鹿児島県日置市を始め、鳥取県~福岡県の日本海沿岸、愛知県~紀伊半島、高知県の太平洋で獲ることはできます。

旬は9月~11月で秋なのですが、今の時期でも販売しているところもあるようです。

スポンサーリンク

青空レストラン/月日貝の美味しい食べ方も紹介!

月日貝の美味しい食べ方やレシピも紹介していきます。

月日貝は、ホタテと食感も風味もほぼ一緒なので、ホタテと同じように食べるのが一番美味しいです。

・網焼き
・バター醤油焼き
・串焼き
・フライ
・刺身

月日貝は、鮮度が良ければ生でも食べることができます。

ここもホタテと一緒ですね。

活きの良さは、どの貝類も一緒ですが、触ったらすぐに反応して閉じるものが元気な印とされています。

また、網焼きにして上の殻をはずし、しょうゆ・酒・みりんを垂らして食べたり、ホタテバターならぬ、月日貝バターとして、バター醤油で食べるのもおすすめです。

スポンサーリンク

青空レストラン/月日貝の名前の由来は?

月日貝の名前の由来は、青空レストランでも紹介されていましたよね。

月日貝の殻は、表側が濃い赤褐色なのに対し、裏側は黄色っぽい白。

その対象的な色から、「月」と「日(太陽)」に見立ててこの名前がつたそうです。

月日貝は、ホタテと同じイタヤガイ科で、ホタテよりも甘みがあり、ホタテよりも繊維質が少ないので、食べやすいのも特徴です。

スポンサーリンク

青空レストラン/月日貝の口コミは?

月日貝を実際に食べたことのある人の口コミも調べてみました。

スポンサーリンク

青空レストラン/月日貝のお取り寄せ通販購入方法は?値段や販売店も紹介!2月26日放送まとめ

2月26日放送の青空レストランで紹介された、鹿児島県日置市の”月日貝(ツキヒガイ)の通販お取り寄せ方法についてまとめてみました。

月日貝のお取り寄せは

・青空レストランの公式サイト
・楽天市場

などで購入することができます。

なかなか食べる機会のない月日貝ですが、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました